ミキの2006年8月 激動を超えたか?激震の夏 その③

注; 続きものです よろしければ 「ミキの2006年8月 激動を超えたか?激震の夏 その①」 からお読み下さい♪

B型男である「モツ男」の傍若無人なお誘いから数日間 
誰もが認める几帳面なA型女のミキとの社内メールの
やり取りは続きます。

時間の確認からモツ男の住所の確認
家までの地図の出力
ケータイ電話番号の交換やら
全部私が主導でやらせていただきました。
だって モツ男は土曜日参加でも日曜日参加でも
どっちでもいいし 時間も私にお任せって言い切るんですもの…

うちは猫もいるし泊まりはどうかなぁ~って思ったんだけど
日曜日のみの参加だと私運転手だから飲めないじゃん…
やっぱ真夏の海で飲まないのは切ないなぁ~と思って
結局は前の日の土曜日の夕方3時にモツ男の家に迎えに
行くことになりました。

当日 久しぶりに車にガソリンを入れ
ちょっと早めに家を出たら
迷わずすんなりモツ男の家まで着いてしまいました。
ちょっと早かったなと思いつつ
電話をする私。


留守電になっちゃったよっ!!!!


ってか、大丈夫なの?モツ男っ!!
呆然と待つこと10分 電話が鳴りました
「ごめんごめんシャワー入ってたからさぁ♪今降りるね~」

また待つこと10分 モツ男が降りてきました。
ってかもう海パン穿いてるし…

指で物置まで促され車を移動させる私。
物置をゴソゴソ漁るモツ男
「あれ?テントどこだろう?」

ってか用意して置いてくれよぉぉぉぉ~
やっとテントを見つけ車に積み込み
いざ出発。
行きはモツ男に運転してもらいました。

車内での会話はこれから行くキャンプのメンバーの
説明やらサッカーの事やら 当たり障りのない内容。
たまに無言の時間があったりして
ちょっと気をつかいつつ現地に向かいました。

2時間後ようやくキャンプ地の海に到着
夕方とは言えものすごくいい天気
テンション上がりまくりです♪

駐車場着くとその日の朝から来ている
先発隊の一人が駐車場まで迎えに来てくれました。
もちろん初めて会う人。

モツ男が駐車場に車を入れている間
その人と二人っきりになった時に言われました。
「よく来たね~~ってか今日××(モツ男の苗字)と
一緒のテントで寝るの?二人は出来ているわけぇ??」

あっ………
私 言われるまで全然気がつきませんでした。
確かにそう思われてもおかしくない状況だよね。
でもモツ男ってそういう 雰囲気が無い人だし
誘われたのも 現地に行くための足だしねぇ。。。

「私 足なんですよ…車持ってたから…」
と弱弱しく言ってみたり…

そうこうしているうちにモツ男が戻ってきて
みんなで荷物を運びます。
現地には1組の家族とその奥さんの同僚3人とその彼氏1人がいました
もちろん みんな初対面。
そもそもモツ男ともそんなに話したことないし。
私はどうして今この場所にいるんだろう?
と不思議に思いましたよ。

でもまぁ夏だし。ぜんぶお酒が解決してくれるとばかりに
着いた早々ワインを飲みだした私でした。

仲間と一緒にいるモツ男は会社でのモツ男とは
ちょっと違う気がしました。
なんていうか いじられ役ですよ。
高校時代の同級生同士ってのもあるかも
しれないけど雰囲気がとても面白くて
お酒もどんどん進みます。

そのうちどんどん酔っ払い出すモツ男と私
近くのテントの小学生とビーチバレー対決してみたり
とっても楽しかったなぁ~
モツ男も調子にのって 最初私のこと「××ちゃん(ミキの苗字)」と
呼んでいたのにそのうち「ミキ」って呼び出す始末。
トイレに行くのも一緒に行こう♪って誘われたり…
ってか子供かよっ

夜が更けていくにつれて
人も増えていくサッカーチームのキャンプ
最後の人が来た深夜1時頃 寝ることにしました。
結局私はモツ男のテントで寝ることになりました。
やんややんや囃されながらテントに入ると
モツ男がなにやら寄ってきます。
「ちょっとだけ…」
とか何とか言ってたような気がしますが
思いっきり無視して
一人さっさと寝袋に入り背を向けて
寝ましたよ。
寝袋の上に覆いかぶさってきた
酔っ払いモツ男を払いのけ
「さっさと寝なっ!!」と言い放ち
1日目の夜は過ぎてゆきました

…続く…
[PR]
by monogusa_miki | 2006-08-26 17:26 | 未来に向けて
<< ミキの2006年8月 激動を超... ミキの2006年8月 激動を超... >>