<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

血だらけの朝

***今日のブログはちょっとエロなのでそのような話は嫌いよって方は読まないでね***


皆さん3連休楽しみましたか~??
私はエロ連休。
川畑さんがびっしりうちに泊まりに来てまして…
毎夜毎朝 そりゃー熱心に行ってましたよ。

で、事件は月曜日の朝に起こりました。
目覚めの朦朧としている時に
川畑さんったら いつものように
自分の股間に私の手を導きます。

私も慣れたもんで
パンツの上からサワサワ触ってあげてたんですよ

するとなんかパンツが濡れています。
いつものアレとは微妙に違うような気がして
見もせずに 川畑さんに言いましたよ
「なんか濡れてるよぉ~」

すると川畑さん 自分の股間を見て
叫びました。

「ちっ血が出てる~~~」

なんですと??

大慌てでガバッと起き上がり
川畑さんの股間を見る私。



パンツ血まみれでした…



うぎゃぉぇ~~~~




そろそろとパンツをおろすと
川畑さんのモノから
血がダラダラダラ~~~
と流れてるじゃありませんか



ひぃぃぃぃぃ~~~~



流れ落ちる血を見て慌てた川畑さん
ティッシュを取ろうと体を横に向けます。
するってぇ~と血がつつつつつつ~と
お腹を伝って ベッドに滴り落ちそうになりました



ひゃぁぁぁぁぁぁ~~~




ベットが汚れる
シーツが汚れる
洗うの面倒



自分でもびっくりするくらいの速さで
川畑さんを押し戻し
腹を伝う血を 手で塞き止め
反対の手でティッシュを鷲掴みにして
血を拭いましたよ。

5年に1回出るか出ないかくらいの
素早い動き。

それから 川畑さんから
パンツを剥ぎ取り
洗面所でジャブジャブ洗いましたよ。

血の臭いにオエッとなりながら
洗い終え 戻ってみると
全裸でベッドに横たわり
股間をティッシュで押さえ止血している川畑さんの姿が…

大出血して可哀想なんだけど
可笑しくてしょうがなかったわ。


でもね
なんであんなトコから
大量に出血したんでしょうか?

3日間し過ぎたんでしょうか?


川畑さんがしみじみと呟きました

「47歳にもなって血が出るまでしたのは初めてだ…
恥ずかしくて だっ誰にも言えない……」


頼むから言わないで下さい………
[PR]
by monogusa_miki | 2005-07-19 22:11 | エロエロ

個人情報漏洩

最近 個人情報に過敏な世の中じゃないですか。
で、ぼやっとしている うちの会社でも
なんとなく 情報管理 っぽい事してみようかな~みたいな。

毎週 月曜日の朝礼で
「情報管理」確認事項を読み上げてるんですね。
A4の紙にプリントアウトしているのを
みんなの前で読み上げるんですよ。
まっそんな事しても あんま意味無いとは思うんですが…

この確認事項を読み上げるのは
順番で社員、契約社員全員に回ってくるんですよ。

で、先週の月曜日
その当番が 推定年齢61歳のおじ様だったんですね。

事務所総勢33名の前で高らかに読み上げました。







『伝票・個人情報等の書類を机の上に放置せず、トイレ等に収納しますっ』









おっさん!トイレ じゃなくて トレイだよっ!!




トイレに収納してどうするの??
お尻拭く紙にでもすんのかい???



ってか、書類が びっしり きっちり
トイレに収納されているのを想像しちまって
おかしいったらありゃしない。

当のおじ様は 全く気がつかなく
淡々と続きを読み上げ続けてるし

久し振りに 笑いを堪えるのに
腕をつねりました。
[PR]
by monogusa_miki | 2005-07-12 23:00 | くだらない話

驚きの金曜日

お楽しみの金曜日。
気分はウキウキ♪
久し振りの合コンに
も~走り出したいくらいの私。

でもね 一つ心配があったの。
うちの会社ったら
決算が年に4回もあってさ
私 こう見えても(どうみえるんだ?)
経理系(系ってなんだ??)なもんで
この時期は忙しいのよ。

事実 前の日の木曜日は
しっかりびっしり2時間残業でしたもの。

もー朝から心配で心配で。
そうしたらどうでしょう。
日頃の行いが良いっていうのかなぁ~
奇跡的に伝票が少なくって♪

まさに私に天使が微笑んだ って感じだったよの。
ベクトルは上向き。
もー絶対この合コン実りあるわって思ったのよ。

で、ほぼ定時に会社を飛び出まして
私が住む街の繁華街へとバスで向いましたよ。
誘ってくれた人には少し遅れるかもって
言ってたのにもかかわらず
30分前には到着。

東急ハンズのトイレで念入りに化粧直しをし
いざ 会場へ


ドキドキしながら幹事の名前を告げ
店員さんに個室へと案内されました。

ドアをガラッと開けました。
まず目に飛び込んできたのは…

















どう見ても60代後半の じいさん












えっ????
部屋間違えてる????????














慌てて 周りを見渡すと
誘ってくれた女性がにこやかに微笑んで
「ミキさん 久し振り~♪」




ここだ。
この部屋で間違えないよっ!!









ってか、合コンメンバーの中で
60代後半の男性がいるってアリですか?
本当に合コンなんですか?
介護なんじゃないですか?
なんなんですかぁ~???






もー藁にもすがる思いで
他のメンバーを見渡します。

40代の男性1人。
やたら仕切ってたので
男性側の幹事と思われる。

30代の男性2人。
2人共スーツ姿。
めがね君。
ワイシャツのポケットに
ボールペンとシャープペンさしてるし…

さっ冴えない…



ガックゥ~~↓




私と誘ってくれた女性は
友達の友達の友達という
とっても遠い知り合い。

他の女性のメンバーも1回くらいしか
会った事無い人たち。

よくよく聞いてみると
誘ってくれた女性が
最近スナックでアルバイトをはじめて
そこのお客さんだった人に
「うちの部下で女性に縁のない奴がいるから
合コンしてくれないか」って頼まれたらしい。

40代の男性幹事と60代後半のじいさんが
そこのスナックのお客さんで
30代の男性二人が 女性に縁の無い部下
ってわけ。

話もろくすっぽ聞かないで
期待に胸膨らませまくり
うかれポンチになってた
自分を呪ったわ。


まっ飲み会じたいは
楽しかったんだけどね
一銭もお金払わなかったし

でもね

合コンっていう
甘い甘美な響きとは無縁でしたね。


はぁ~
胸躍り血が騒ぐ合コンがしたいっす。
[PR]
by monogusa_miki | 2005-07-04 23:23 | 合コン